引きこもりに関する相談について

  • 引きこもりに関する相談は心療内科に

    • 引きこもりが今、世間で深刻な課題となっています。


      かつては一般家庭とは無縁だった若者の引きこもりが近年続出しています。その原因は様々です。


      ネット依存症や対人恐怖症、ゲーム依存症やアルコール依存症などがその背景に関わっている事もあります。また、学校や職場で受けたいじめやハラスメントが原因で引きこもりになる人々もいます。

      一般家庭の中だけで、そういった深刻過ぎる問題を解決するのは至難の業です。

      Girls Channelを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

      普通の人々の目線から、引きこもり状態に家族を見ると、さも怠けているように見えます。



      しかし、好きで自宅に篭っきりになる男女はいりません。
      一部では引きこもりの男女を、半ば強引に部屋から引っ張り出して、強制的に自立を促す支援策が絶賛されていますが、それは短期的な効果を出す一方で、反対に効果が長続きせず、リバウンドしてしまう結果が大半です。


      無理矢理、家族の手でこもりがちな息子や娘を部屋から引きずり出しても、むしろ逆効果です。更なる対人恐怖症に発展する可能性もあり、デリケートな対策を取らなければいけません。
      困った時は、プロに相談するのが最善策です。

      専門家に相談すれば、適切なアプローチが分かります。

      精神的に病んでしまっている場合は、専門家による精神的なケアとカウンセリングが先決です。

      本人が心療内科に行かなくても、家族が代理で事態の相談を持ち込む事が出来ます。



      心療内科によっては相談が出来ない事もありますが、事情をよく説明すれば、きっと多くの施設がサポートをしてくれます。