引きこもりに関する相談について

  • 引きこもりは病気?まずは相談を

    • 引きこもりは精神病である可能性も高いようです。

      All Aboutの情報を提供中です。

      うつ病などの精神病にかかってしまっている場合には、早めに治療をしないと、長期化してしまう可能性もあります。

      本格的にうつ病にかかってしまうと、治療には1年以上もかかってしまうことが多いです。



      引きこもりでは、まずは相談をしてみることが重要です。気持ちが一時的に落ち込んでしまうことはだれにでもありますが、それが長期化していると、精神病にかかってしまっている可能性が高くなります。
      早めに相談をすることで、治療にかかる期間を短縮できる可能性が上がります。引きこもりの相談をすることのメリットは、自立支援などの支援制度を早期に利用できるということもあげられます。自立支援制度を受ければ、医療費の負担が通常は3割となるところを、1割負担にすることができます。


      さらに、一定の収入条件を満たせば、月額医療費の上限を5000円もしくは1万円までにすることができます。


      医療費の上限が5000円となれば、それ以上は医療費が無料になるということです。



      デイサービスなどを利用している人は、月額の医療費が2万円以上となることもありますが、5000円まで圧縮できます。
      引きこもりの社会人は増えていると言われています。
      放置していると、自殺などにつながることもありますので、早めに相談をするようにしましょう。


      自立支援などの国のサポートを受けられるかどうかで、費用の負担は大きく変わってきます。